実体験に基づき賃貸物件の契約・引き渡し時のトラブルを避けるチェックポイントを紹介しています。

賃貸物件の契約・引き渡し時にはここをチェック!
賃貸物件の契約・引き渡し時にはここをチェック!

賃貸物件の契約・引き渡し時にはここをチェック!

4月に入り、進学、転勤に伴う引越しシーズンが一段落したころですね。今は入居したばかりですが、数年後にやってくる退去時のトラブルを避けるために知っておいた方が良い知識、ズバリ「賃貸物件へ入居後ここがチェックポイント」を紹介します。

その1.「室内の傷み具合」壁・床などの傷、汚れをチェック!新築物件でない以上、なんらかの傷はどこかしこにあるものです。不動産業者が物件を案内してくれる際が、良いタイミングになりますが、指摘して確認してもらいます。傷を見つけたら日付入りの写真を残しておくことをお薦めします。私は以前タバコは吸わないにもかかわらず、男性だからと当たり前のように壁紙にヤニがあるから交換費用を請求されかけたことがあります。これは極端な例ですが、入居時は貸し主の立ち合いは無いことが殆どですので、入念な確認を!

その2.「エアコンなどがきちんと動くか」エアコンつき物件の場合、夏場でなければあまり動かすことは無いでしょう。入居してすぐに判るような不具合ならきちんと話せば修理対応してくれるでしょうが、何ヶ月か経ってからはちょっと気まずいですよね。お互い気まずい思いをしなくてすむようチェックポイントをメモっておくことをお薦めします。

RECOMMEND