賃貸住宅を借りる時に後で後悔しないようにどういうとこに注意したらよいのかをまとめてみました。

賃貸物件の契約・引き渡し時にはここをチェック!

賃貸住宅を借りる時には

不動産屋で賃貸マンションやアパートを探して、契約をしてしまってからやっぱり他のとこにしたらよかったー!と後悔しても手遅れです。他に移ろうと思っても契約を交わしてからはなかなか難しくて余計なお金が必要になったりします。そんなことをなくすためには契約を交わすまでにじーっくりと検討して自分の条件になるべく近いとこに巡りあえてから契約するようにしましょう。なかなか自分の条件が全部当てはまるとこはないかもしれませんが自分が納得のいくマンションやアパートはあるはずです。

又、契約をするときの重要事項説明書や契約書等でわからないとこや、気になるとこがあるときは必ずその場で担当の人に聞きましょう。疑問や不満があるまま契約書に印鑑を押すのは厳禁です!賃貸住宅を探すのはなかなか時間がかかったり根気がいったりしますが、今はネットでもある程度の条件で賃貸マンションやアパート、中古住宅等を検索することが出来ます。いい物件が見つかったらそのサイトの不動産屋に行ってみて実際のものを見学させてもらいましょう。見学するだけならお金はかかりませんからね!時間がある限りいろいろな物件を見てまわるのも一つのいい手です。ただし、たくさん見すぎて最初のころに見たのを忘れたり、迷いすぎたりしないようにくれぐれもご注意を!